生理中にセックスをする方法と注意点

Menu
生理中にセックスをする方法と注意点

すっごいセックスしたかったのに、彼女が生理中でできなかった!!!こういう経験を持つ人は多いと思います。また、女性自身もこの時期に性欲が増すタイプの人もいるので、同じような経験をしたことがあるかと思います。基本的に、生理中は膣自体をあまり刺激しない方が良いと言われてはいますが、どうしてもセックスをしたい場合はどうすればいいのでしょうか?

生理中にセックスって出来るの?

結論からするとできます。生理とは、基本的に卵子が受精した際にクッションのような役割を持つ子宮内膜が、剥がれ落ちて体外に排出される際に起こるもので、何か膣内に傷が出来て出血するというものとは全く別のものです。そのため、膣内はこれが起きる前と起きている間では基本的にあまり変化はないと言えるのです。

生理中にセックスをする方法と注意点

生理中にセックスをすると子どもは出来ない?

これはウソの情報です。多くの哺乳類はそうなのですが、子宮が振動などのショックを受けるとそのショックで排卵してしまう場合があります。どんな時期であれ、とセックスをすると、その衝撃で卵子が出てきてしまい、そこで受精してしまえば当然子どもは出来ることになります。


生理中にセックスをする方法と注意点

そのほか、セックスで気を付けることは?

生理中は子宮内膜が剥がれ落ちています。その結果として、膣内のクッション部分が少なくなっているため、女性が刺激に弱くなっている場合が多いです。ですので、いつもよりも更に優しくしてあげましょう。また、子宮内膜は基本的に体の内部です。生理中の女性は非常に性病や感染症などにかかりやすくなっているので、コンドームは必須となりますし、出来る限り清潔な場所でのセックスを心がけるべきです。また、ご存じのとおり出血状態といえます。タオルを敷くなどして事後の対応も考えてすることをお勧めします。

結局のところ、無理にセックスを我慢する必要はあまりありません。ただし、やはり大事な体のことですので、女性の反対を押し切って無理やりすることは良い事ではないですね。お互いにコミュニケーションを保ち思いやりの気持ちを持って、充実したセックスライフを過ごしていきましょう。

Top