安心安全なセフレの作り方

Menu
安心安全なセフレの作り方

自由に相手を選べる時代になってきて、女性もかなり性に対して積極的になってきました。またセックスそのものがストレス解消や美容効果というものもあるので、恋人がいなくてもセックスの相手が欲しいなどという人たちが増えています。それをセフレと呼びますね。セフレの作り方は様々です。また安心安全なセフレという存在もなかなか難しいですね。不倫などは不貞行為とみなされ、大変なことに巻き込まれることもしばしばです。そうしたトラブルに巻き込まれないセフレの作り方について考えてみましょう。

ネットで探す?それとも?

現在はSNSなどの普及もあり、更に結婚サービスや恋人サービスなどもあって、女性自身も出会い系サービスを活用することについて以前よりも心理的ハードルが下がっています。そして、多くの場合、出会い系サービスを活用するのは積極的な女性が多いです。ここを捉えながら、がっつかずに探していきましょう。だいたい、がっついて探しに行くと痛い目を見ることの方が多いです。
ネット以外で探すのであれば、ナンパが一番いいでしょう。基本的に二人以外に関係性がない関係の方が安全度は高いですね。特にナンパは、成功するとそのまま関係性が維持されることが多いので、本気でやっていくとかなり効率よくセフレを見つけることができます。

安心安全なセフレの作り方

大原則:「1つの池からは1匹の魚」

安心安全なセフレ作りに欠かせないのが、この大原則です。これは簡単に行ってしまえば、出会い系で探すのであれば、1つのサービスで1人、ナンパで探すなら1つの街で1人とすることです。これは、1つのところから2人・3人と繋がって行ってしまうと、人間関係がどこかの段階で完全にごちゃごちゃになってしまうことがあるためです。出会い系などは、女性同士が繋がっているというのはあまりイメージできないかもしれませんが、意外と友達同士でやっていたりして、人間関係があったりします。その結果として、トラブルに巻き込まれる可能性が高くなっていくのです。

冒頭でもありましたが、この頃は性的に女性もかなり積極的になってきています。大原則を忘れずに、出会い系サービスやナンパでお互いに理想的なセフレを探していきましょう。

セックスフレンドができた後は

安心できる安全なセックスフレンドができても、所詮やり友です。セックスフレンドを必要としているのであれば、子供が欲しい状況には程遠いはず。必ず避妊は大切です。

どうしても男性が主体となるコンドームだけでは心もとないですよね。そこで女性としては低用量ピルの使用や、アフターピルといったセックス後でも予防ができるピルで避妊を間違いないものにしてください。後から妊娠トラブルになることも多いのがセックスフレンドです。ソフレとはわけが違いますので、そこは注意してくださいね。

Top